豪雨の下北沢

DSC00252  DSC00251

いやいや・・・

凄い雨でした。

 

凄い雨だったので
何かイヤな予感がしたのですが・・・


雨の最中
来ました。

 

天井から水漏れしている・・・

 

の電話。

 


やっぱり重要ですね・・・

屋上の防水工事

http://willstage.jugem.jp/?eid=12

 

DSC00254 

以上、現場からでした。

Category: ┗ 改修工事 comments(0)  Date: 2009.08.24 Monday 01:18
BookMarks ⇒  Yahoo!ブックマークに登録                  

雨と不動産

毎年8月の前半は、連日真夏日を記録する記憶しかないのですが
今年は、雨続きですね・・・


image

 

どの業種もそうかもしれませんが、不動産業界は特に雨との相性が悪い。
天気が悪いと人が動きませんからね。
成約率が思い切り下がります。

 

それともう1つ怖いものがあります。

 

 

それは、水漏れです。

 

水漏れには強烈な思い出があります。

 

今から遡ること8年前、今はお付き合いのない建物なので言っちゃいますが


築20年の陸屋根で屋上のメンテナンスを何もしていない建物がありました。
当然、防水は剥がれかけかなりヤバイ状態だったので、大家さんに報告すると
大家さんが近所の知り合いの工務店に連絡。


工務店は翌日に見に来ました。

寸法を測り、ここはもう1度シートを貼り直した方が良いね、とかシールの剥がれた場所などを入念にチェックしていきました。

 

私は立ち会いだけで費用や施工に関しては大家さんと工務店で行いました。


その後しばらくその建物に行くことが無く、当然防水は終わっているものだと思っていました。

 

 

立ち会ってからだいたい半年後、かなり大きな台風が来た夜のことです。
その建物に入っている入居者から携帯に電話がありました。

 

部屋がとんでもないことになっているからすぐに来て欲しい!

 

と。既に仕事を終え一杯やっていたところでしたが
何やら、ただ事では無い様子だったので、すぐに電車で建物へ向かいました。

 

建物に付きましたが、その部屋の電気は消えていました。

 

取りあえず部屋の前まで行くと、電気は消えたままドアは空いていました。


中から、半べその入居者とその奥さんが・・・

 

中にはいると、天井からもの凄い量の水が流れ出ていました。
電気が消えていたのではなく、水が入って切れてしまったのでした。

 

バケツが何個か置かれていましたが、全然間に合う数ではありません。
幸い近くにホームセンターがありギリギリ営業時間内でしたので、持てる範囲でタライを購入・・・
部屋中に置き、屋上へ。

 

屋上は、防水などされておらずただビニールシートをかけていただけ。

 

後で聞いたら、その大家さん防水工事がそんな高いモンだと知らなくて(5万くらいだと思っていたみたい)
その工務店さんを悪徳業者呼ばりして追い返していました。

それでも、そのままではマズイと思ったのか、工務店さんはシートだけかけて石で固定してくれていたみたいで・・・

 

結局その日は、タライをおいて入居者ご夫婦には外泊していただき
翌日、その後の処理。


家具は全滅・・・
衣服もほぼ水浸しになってしまいました。

 

被害金額は、かなりの額になってしまいまして
これは、大家さんの火災保険でと話したところ、何故か頑なに拒否・・・
入居者の火災保険を使えと・・・



当然、このケースで入居者の火災保険は使えず、被害金額の賠償は揉めに揉めたものの
被害金額の半額を大家さんが支払い、その後防水工事を施工しましたが、
入居者さんは雨が降る度にあの夜の事を思いだしてしまうようで、その後すぐに引っ越ししてしまいました。

 

 

何とも後味の悪い一件で、私も台風が来る度にタライを持って走った夜のことを思いだしてしまいます。

 

 

 

 

関連記事>> 屋上防水
                      http://willstage.jugem.jp/?eid=12

Category: ┗ 改修工事 comments(0)  Date: 2009.08.10 Monday 22:21
BookMarks ⇒  Yahoo!ブックマークに登録                  

下北沢 店舗物件

現在解体工事中
 
2009.5.12 001 2009.5.12 004

Category: ┗ 改修工事 comments(0)  Date: 2009.05.12 Tuesday 23:51
BookMarks ⇒  Yahoo!ブックマークに登録                  

屋上防水

管理物件の定期巡回で
屋上のシート防水が破損しているのを発見しました。

  

これから雨が多くなるので
早期発見できて良かった。


実は、先月も他の物件で屋上のメンテナンスを行いました。

 


ん・・・?




屋上に、鉄キノコが!!!

 

 

 

・・・

 


ではなく


これは、脱気筒と言って
建物内部に、徐々に浸透した水分や蒸気を逃がす役割があります。
これを付けないと屋上を完全防水しても内側からシートなどが膨れたりすることがあります。

 

   

   


 



屋上は普段あがらず目が行き届かないことが多く
雨漏りが起こってしまった場合、室内への損害はもちろん
下地に水が廻り下地の撤去費用や、補修費用が加算され通常の防水工事の
3倍近い費用がかかります。


私自身、貸している部屋の雨漏りでたらいをもって
駆け参じた経験が3回ほどあります。
賃貸管理の仕事の中で最も嫌な仕事ベスト5に入るのではないかと・・・



現在ウィルステージでは、杉並区の前田工業さんと提携し
屋上に上がれる建物の無料診断を行っております。

屋上防水診断内容
・防水層の種類確認
・ドレーンの腐食
・防水シートの劣化、めくれ、膨れ
・防水塗料の劣化、剥離
・ジョイントシールの劣化、剥離
・目地材の破損


前田工業さんは創業43年、地元で多くの方に信頼されている老舗業者さんです。

 

雨漏りが起こる前に最低限の費用で安全対策!

 

是非ご相談下さい。

Category: ┗ 改修工事 comments(0)  Date: 2009.04.21 Tuesday 20:30
BookMarks ⇒  Yahoo!ブックマークに登録                  
この記事へのみなさんの反応 ( 0 件 )
   
ウィルステージの建物巡回サービス、清掃業務
 先の記事へ  | 1/1PAGES | 前の記事へ 

最新エントリー(記事)

カテゴリーリスト

過去ログ

コメントリスト

リンクリスト

サイト内検索

Search this site.

Copyright (C) 2009 世田谷区下北沢の賃貸管理アパートマンション経営 All rights reserved.

当サイトのデザイン、文章、画像は著作権で保護されています。複製、無断転載、二次利用は御遠慮ください。